(有)エコカレッジ

旅する古本屋の地方創生事業ページ

(3/12)おかやま地域カレッジ2020オンライン発表会でした

岡山県社会福祉協議会と進めている県内福祉法人中堅職員向けの地域連携入門講座「おかやま地域カレッジ(旧・無理しない地域づくりの学校)」の2020年度の番外編講座として、オンライン発表会が行われました。普段は連続講座として固定メンバーで行っていますが、興味を持っていただける県内の福祉法人関係者さんも多く、広く関係者向けに講座の概要や受講生の取り組みなどを知って貰える機会を作っています。

実際の関係者の声をお聞きすると地域における公益的な取組に向けて、「施設から地域へどう出て⾏けばよいのか」「地域とのつながりづくりの方法がわからない」といった声も多いです。本講座で取り組んでいる「かんたんな企画書作成を通じて、⾔葉にして、話して、伝える」という一連の様子をミニ体験してもらうことで、これならできるかもと思ってもらえたかなと思います。

連続講座で深い関係性を作ることで、「県内のちょっと離れたところに相談できる仲間が作れる」「他の施設の取組を知れる」といった受講生の生の声も伝えてもらいました。無理せず既存のことから、そして担当者自身の気になること・放っておけないことから小さく広げていった、そんな事例を今期の受講生2名の発表及び解説形式で構成しました。

オンラインのメリットを生かして県内の遠隔地の関係者にも気軽に聞いてもらえる良い時代になったと痛感しております。気軽に参加できすぎるため、発表者のご自身の施設の理事長が目の前でお聞きになっているという想定外の事態もあったりしましたが(笑)、それも含め楽しく開催できたのではないかと思います。次年度のおかやま地域カレッジ第2期(”無理しない”から数えて通算6期)のキックオフに向けて関係者の皆さんの思いも詰め込み、みんなで作っていきましょう。引き続きよろしくお願いします。



コメントは受け付けていません。

ページトップボタン