(有)エコカレッジ

旅する古本屋の地方創生事業ページ

(6/21)NHKニュース おはよう日本(関東甲信越)で”い鉄ブックス”が取り上げられました

弊社の関東の拠点、千葉県いすみ市の房総支社・流通センターがオープンして1年余りになりました。現在島根に4万冊、千葉に5万冊、高知に1万冊の体制となり災害に備えた分散化を進めています。引き続きよろしくお願いいたします。

慢性的な赤字に悩むローカル鉄道「いすみ鉄道」を古本で支えるプロジェクト「い鉄ブックス」も今年1月のスタート以来、おかげさまで寄付1万冊を突破しました。
それに注目いただいたきっかけで、先日6月21日、「い鉄ブックス」の取り組みがNHKで約5分に渡って取り上げられました。
2021年6月21日NHKニュース おはよう日本(関東甲信越)▽新型コロナで利用者減・いすみ鉄道を支援
同時に、7月18日(金)11:30〜ひるまえほっと(関東甲信越)でも1分半くらいの短縮版が放映されています。

学習塾と民間図書館をいすみ市で運営するスターレットの三星千絵さんを主軸に、本で広がる新たな田舎の生態系といったストーリーになっていました。直前まで詰めの撮影が行われていました。

弊社代表の尾野はどちらかというと脇役で、本を査定しながら「どーよ」って専門家っぽく唸っているところとか、寄付した本がどうやって売れるのって話で登場するくらいでしょうか。いすみ鉄道の古竹社長もいいコメントをしてくれていました。

多数の反響をいただいておりまして、たくさんの本の寄付を頂いております。いすみ鉄道への寄付額も順調に増えています。地域の空き店舗・古民家3軒を活用し、パートさんの雇用も4名となりました。売上も大事ですが目に見えない地域の波及効果も発信していきたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。

ページトップボタン